アイデアはあちこちに

kutusita1.jpg

クラスに入っていると暇そうな子がやってくる。

「ネー、何でカメラ持ってるの?」「撮って!」

撮っても言われてもね・・・と足元を見ると、何てカラフルなくつした!

というわけで、靴下を撮りました。

そうしたら、また別の子が来たので違うペアーで。

kutusita2.jpg

お、これはなかなか面白い。数の課業ができる、課題遊びの道具ができる!

例えば、プリントアウトしたものでカードを作り、一枚目のを見せて「よーく見てね」。裏返す。今度は二枚目のを見て、「何が変わった?」 模様を覚えている子、誰の靴下かを覚えている子、色々いるでしょうね。

靴下をはいている子達の中に、はだしの子を入れたり、上履きの子を入れたり、片方の足だけ入れたりしたら、あれ?と気が付く子はいるかな?

上履きもいろいろなので、並べてパチリ。

kutu1.jpg

kutu2.jpg

「何が変わった?」

順番を入れ替えて撮ってもいいですね。

片方ずつにしてメモリーカードも、ドミノもできますよ♪

こうなると、みんな違うから楽しいですね。

ある日の靴下を写真にとって収集コーナー(その時々のテーマに関するものを集めておくコーナー)に貼っておけば、いろいろな会話が広がりそうですね。

ついでに、赤ちゃんの靴下とか、おばあちゃんの足袋とか混ぜておくと面白いかも。

遊びのアイデア、課業のアイデアはすぐ身近にありますよ(^^