こんな職業もありますね♪

幼児クラスで行う大人の計画する活動(ハンガリーでは課業と言います)の中に、環境を伝える活動(環境認識)というのがあります。子どもたちに自分たちの生活ししている環境を伝えていく活動です。

動物、植物、乗り物、人間、素材、天気、季節、棲んでいる場所...そして、職業もその中の一つ。

職業と聞いて何が浮かびますか?

医者、警察官、消防署員、店員‥がトップにあがるのは、なぜ??

店員は分かる気がしますし、医者もまあお世話になっているから...という意味ではわかるのですが・・。

私たちの生活はもっとたくさんの職業で成り立っていますね。環境を伝える活動(環境認識)を通して、子どもたちの視野を広げることができます。大人と一緒に考えたり発見したりしたことをきっかけに、子どもたちは自分からもいろいろなことに気がつくようになります。

dezaina1.jpg

            帯江保育園(倉敷) 異年齢クラス

こんな仕事もありますよ、デザイナー。

いつも着ている服も、いつもはいている靴も、お母さんの素敵な服も、お父さんのお気に入りのカバンも、誰かがデザインしている!・・・ということは、このお茶碗やお箸も?とご飯を食べながら考えるかな?

普通の塗り絵も、子どもたちなりにデザインしている感じが出ていますね。それにしても、塗り絵としてぬるのと、デザインとして色をつけるの違いが分かったというのもすごい。

マンネリ化しがちな視点。ちょっと意識するだけで、身近な世界はもっともっと面白くみえてくるはずですよ。